まとめとして

ニキビに対する対策やニキビ跡に対する対策。

それだけではなく、化粧品を使った場合の対策や、すぐさま化粧品を使ってのニキビ跡を隠すための技術。

さらにはレーザー治療受けるためにどのようなものがいいのか、どんなニキビには有効的なのかということを、

今まで見てきましたがいかがだったでしょうか?ニキビに関してはネットでもいろいろ載っています。

という事はそれだけ皆様の関心があるのと同時になかなか難儀な敵だということがよくわかるのです。

クレアラシルなど今では本当にニキビ対策として十分ケアができる商品も数多く売られています。

しかしニキビにはそれぞれ合った洗顔フォームや化粧水などが必要です。

間違ったものを使うとかえって悪化してしまうこともありますし、青春ニキビはともかく大人になってから出来るニキビと同じような対策を立てるのは間違っています。

そういった時にひどくなってしまわないうちに、なせ間違ってるのかということを考えて対策を立てるようにしましょう。

自分ではなかなか不安だった場合に、医師に相談するというのも1つの手です。

またレーザー治療を受けることによってニキビ跡をキレイになくしていくのも選択肢の1つだと言えるでしょう。

とにかく今はニキビができてつらい思いをしなければならない時代では無くなりました。

お金を払ってでも自分はキレイな顔になるというなら、それが理想として手に入れることができるのですから、うまく利用すればよいでしょう。

 

 

 

ピュアアクネスなど最先端の治療も

赤色のニキビに対しピュアアクネスが効果的だということを聞きました。

自分は赤ニキビではないから意味がないのではないかと思う人がいるかもしれません。

そこの先生に聞いてみるとそうではないということでした。ニキビによってこの前も言いましたが、色々な種類にわかれます。

それぞれ色が違うので、それで識別して治療法が変わるということも説明しました。

例えば

  • アクネ桿菌、つまりニキビができる原因となる菌を死滅させるのに最適なのは青色光です。
  • 黒ニキビを軽減させる光としていいのが緑色光なのです。
  • 他にも、ニキビ跡の赤み(今日説明したところ)や赤ニキビを軽減させて、肌質を改善する光が2つあり、それは黄色光とオレンジ光なのです。

 

ピュアアクネスはもう一つの赤色光を含む5色の光をもっています。

つまりこれは何を言いたいのかと言いますと赤いニキビだけではなく、ニキビ跡やニキビ全般に効果があるということです。

肌にかかる負担も少ないというのも嬉しいところです。

最近はどんどんと技術が進んでいますので、昔ほど心配しなくてもいいのではないでしょうか。

ほとんど負担がかからないということですので、敏感肌や神経質なかたでも十分に治療を受けていただくことができるようです。

 

最新の技術をうまく利用して、嫌なニキビを早くとっぱらいたいものですよね。

綺麗な顔になってすっぴんでも歩けるような顔になってみたいものです。

キレイになる方法としてレーザー治療を受けてみるのも1つの方法です。キレイになる努力としてはまずレーザー治療受けてみるのも1つの方法ですね

レーザー治療による不安も残る

もちろん専門家である皮膚科に行って治療を行うわけですから、ニキビ跡も綺麗に治ると思います。

でもやっぱりみんなの心配事としては何かと申しますと、綺麗に治ることよりも痛みが生じるのではないかとか、

逆にもっと傷口がひどくなってしまうのではないかということではないでしょうか、

そこを心配しないでくださいと言いたいところですが、やはりニキビができやすい体質の人はとしても肌が敏感になりがち。

そんなところにレーザー等当てて大丈夫なのかということもありますよね。

この前も申し上げましたがニキビにはいろいろな種類があります。

赤く腫れあがるニキビのひともいればニキビ跡として凹んでしまう人もいれば、黒いニキビや紫のニキビ、白く膿んでいるニキビもあれば、黄色くなってしまっているニキビいろいろあります。

それぞれのニキビによってその治療法も全く違いますので、まずはかかりつけのお医者さんに相談してみるのはいかがでしょうか?

薬で対処できるならそれでもいいですし、レーザー治療などを施すならそういう対策もいろいろ教えてくれるはずです。

またそのお医者さんによっては得意分野が違ってくるはずですので、いろいろなところで同じような質問してみるといいかもしれませんね。

どこが正しいかわかりませんが、値段の安いところでいい治療を受けられる所をさがしましょう。

口コミで広がっているはずですのでそういうところうまく利用すれば良いのではないでしょうか。

 

 

気になるニキビ跡もレーザー治療で

お医者さんに頼るしかないということも考えられます。

気になるにきび跡をきれいさっぱり治したいと思うならば、専門医にかかるのも1つの方法ですし、その方がずっと早く治るかもしれません。

しかしもちろんのことながら費用も時間もかかりますので、全員が全員できるわけではないということを先にご説明しています。

さてレーザー治療を受ける場合でも、いろいろな方法があることをご存知でしたか?

調べてみるといろいろなことがわかり興味深く見てました。

Vスターレーザーレーサーもありますし、専門的にみますとやフォトシルクプラスやピュアアクネス、などもあります。クリアタッチの治療法のひとつです。

レーザー1つにしてもいろいろな方法がありますので、その治療をしに行く病院によってどういう治療を受けるのか聞いてみてもいいかもしれません。

ニキビにはいろいろな種類がありますので、そのにきびの種類にあったレーザー治療方法や、レーザーを使わない方法など専門医がしっかりと教えてくれはますので、しっかりと聞くようにしましょう。

コンシーラーなどで隠す凹凸にきびタイプの場合は、ヒアルロン酸を注入したりするなどして、肌に潤いやみずみずしさ与えることによって、元の状態に戻すことも可能です。

治療法はにきびの原因を分解するためのレーザー治療だけではないのです。いろいろなところで意見を聞いて。自分の判断で病院を選ぶと良いでしょう。

高いお金出すんですからしっかりと選ぶようにしましょう

やはり普段の手入れから。

いつも普通のファンデーションを使っていた私にとっては、リキッドファンデーションがそんなに刺激的な商品だということは分かりませんでした。

CMなどでよく宣伝されているので、誰もが簡単に使うことができたり、または夕方まで化粧したまま崩れないなどと言っているので本当にすごいなと思っていたところまさかこれほど刺激的な商品だとは思いもしませんでした。

でもそれぐらい効果が持続するくらいですから肌に悪いことはなんとなくですがわかりますね。

私の場合はどちらかというと敏感肌ですので、このファンデーションを扱う事は恐らく出来ないだろうなと思っています。万が一の時もしくは緊急の時に使うぐらいで普段はまず使うことがないだろうなと思っています。

それよりも出来る限り緊急の時を起こらないようにする方がいいですよね。

そのためにも毎日のケアを欠かさずすることが大切です。

炎症を起こしてる部分が仮にニキビ跡であろうと、しっかりと対処していく事は肝に銘じておかなければなりませんね。

あくまでニキビを隠す事実は事実にしか過ぎません。

どんなにものを使ったとしても、その化粧を取ってしまえばもとのニキビ顔がでてくるわけですから、何の解決にもなっていませんもの。

早く解決できたらいいのになぁというのがニキビがある女性の全員の願いではないでしょうか?

隠すことができる方法もそうですが、治すことができる方法をまずは知りたいところですよね。なかなか難しいところです。

 

 

 

ポイントとなるリキッドファンデーション

前日のケアは大切だということは、前のブログで述べさせてもらいました。

しかしやはり当日になってすぐに出かけなければならないといった時のニキビを隠す方法についても今回はご紹介しなければなりません。

むしろこちらの方が気になるのではないでしょうか?

すぐに対応できる方法が1番知りたかった方法ではないかと思います。

すぐさま対応できる方法これぞ1番知りたかった方法だと思いま

以前にコンシーラーについて書いたことがあると思うのですが、今回はこの商品を使わないやり方を紹介します。

それはファンデーションです。ファンデーション使うなんて当たり前じゃないかと言われるかもしれません。

しかしここで使うファンデーションの化粧品が違うわけです。

それは何を使うのかといいますと、ここで使う商品としてリキッドファンデーションを使うということなのです。

液体として使うことができるので、伸びがまったく違うのです。

これでうまくニキビの部分を隠し通すことができますし、あくまで付け焼き刃として考えてもらったらいいのですが、リキッドファンデーションが非常に役に立ちますのでぜひ利用して欲しいのです。

しかしあくまでポイントが付け焼き刃だということです。

つまり万が一の時などにこの方法をするのが良いのですが、普段からリキッドファンデーション使う事は決してオススメできることではありません。

普通のお肌の人ならかまわないのですが、ニキビ跡やニキビができやすい肌の人は、出来る限り避けたほうがよいでしょう。

万が一だと覚えておくほうがよいでしょう。

 

前日にしっかりとケアをしておくこと

ニキビを隠したり、ニキビの肌を改善するための努力について、今まではブログの中で書いてきましたが

今回はちょっと趣向を変えていきたいと思います。

やはり女性の場合は化粧しますので、その化粧でニキビ跡を上手く隠せれるかどうかというのもポイントとなってきますものね。

その他についても追及していきたいと思っていたところ、ちょうどインターネットなどでうまく隠す技術などが紹介されていたのでそれを取り入れてみたいと思います。

隠したからそれでいいというものではないのですが、ニキビ跡がなかなか治らない時でも、やはり公式の場に出なければならなかったり、もしくは男性とデートする時などどうしても隠したい場合がありますよね?

そういったときに有効な方法として、ニキビ跡をうまく隠す方法を今回はご紹介します。

いきなり化粧を使ってニキビ跡を消してしまうと言うのは早計ですよね。

1番大切なのはまず赤く腫れあがっているニキビ跡を消す種のケアを前の日から準備しておくと良いでしょう。

それは消毒薬や炎症を抑える薬などでまずはおさえておくということが大切です。

そうすることによって炎症の状態が沈静化されるので、そこから色々なメイクをしたとしても大丈夫だと思います。

ちょっとした作業なのですが、前日から出来る作業として面白い方法ではないでしょうか。

当日にどうしてもあたふたとしてしまいがちですが、前日にできるならそれをしっかりと行っておくことが大切だということですよね。

今回はこのことについてお知らせしました。

 

 

 

 

 

リプロスキンという商品

前回説明したように化粧水がポイントとなってきますね。

しかもここにはビタミンCを含んだ化粧水が有効です。

後はこのビタミンCを含んだ化粧水としてのようなものを使えばいいのかということを説明していきましょう。

話題となっている商品としてはつまりこれですね。

「リプロスキン」です。

単純にビタミンCを含んだ化粧水を使えば何でもいいのかと思いがちですがそうではありません。

元々肌の悪い状態を改善しなければならないところを考えていかなければならないのです。

肌の綺麗な方ならビタミンCを含んだ化粧水としてどんなものを使ってもいいのかもしれませんが、肌の悪い人は出来る限り肌の改善を目指した化粧水を使うようにしなければなりません。

それを考えると「リプロスキン」という商品がいちばん良いと言えるのです。

なぜこの商品がいいのかと言いますと、それにはきちんとした理由があるのです。

それは高い保湿を望むことができるからです。

保湿することができるとしてもすぐに乾ききってしまっては意味がありません。

また、一般的な水分を保湿するぐらいであればどんな化粧品でも構わないと思うのですが、やはり高い保湿成分、つまりいつまでも若々しく、みずみずしい肌の状態を保つためには、この商品を使うのが最も最適だと言えるでしょう。

このようにその人の肌質に応じた素晴らしい化粧水を使うことが1にも2にも大切なんです。

ターンオーバーを気にする前にしっかりと肌の状態をもとの状態に戻していきましょう。前には必ずこの化粧水を使ってしっかりと肌の状態を

 

ビタミンCを含んだ化粧水を使う

ニキビ跡を治療する方法について、具体的に見ていきたいと思います。

ビタミンCをしっかりとるという意味で、肌の改善のところで説明しましたが、

具体的にもっと深く追求していくと、このビタミンCを含んだ化粧水を使うと良いと言うことです。

ビタミンCが含まれていますので、肌の本来の機能を取り戻す、つまりターンオーバーのために最も最適だということがよくわかりますが、なぜそこで化粧水なのかということです。

元々肌の状態が非常に悪いことを前提に説明しますが、例えるなら砂漠の砂。

そこにもし水分を補充したどうなるでしょうか。

みるみるうちに砂が水を吸い込んでしまいますよね?

それと同じ状態です。

肌が悪い状態ですので、ビタミンCを出来る限り取らなければいけません。

そのときにいちばん肌にとって効果的なのは化粧水なのです。

そうすればどんどんと肌の悪い状態の所から、大切な水分を含んで行きそれが逃れないようにするための保湿成分として働くのです。

大切なのは水分補充すること。

その補充した水分がいつまでも潤っているということです。

この2点を追求していくことがニキビ跡を改善するために最も必要な事だといえます。

特に大人ニキビの場合には効果的面だと言えるでしょう。

肌を清潔にするとか、肌の環境を良くするというのは、もちろん前提としてありますが、こういう風にビタミンCを含む

化粧水を使うということを意識するようにしましょう。まずはこれからがスタートですね。

 

ニキビ跡を治療するための方法について

2通りのニキビ跡。まさにこれからがポイントです。

皮膚科に行って治療をうけなければならないところを割愛したわけですから、ニキビ跡として絶対に治せる物を私は取り上げた以上、きちんと治す方向で考えていかなければならないのです。

ただちょっとだけここでblogの中で書かせていただきたいことがあるのです。

それは皮膚科に行かなければならないニキビ痕(治らないニキビ痕はこのように表現します)についてもう少し書きたいのです。

実は月の表面のようなでこぼこになってしまうようなニキビ痕の場合は、ターンオーバーつまり新陳代謝が行われない「真皮層」の部分を治療しなければならないです。

これをどのように治療して行くかというと具体的に言いますと、レーザー治療法をしたり、コラーゲン・ヒアルロン酸注射を行うことによって、肌の状態を回復させるのです。

こうすれば治るのかということを感心して見てもらいたいために書いたのではなく、これだけの治療をしなければニキビ痕を治すことができないことを知ってもらいたかったからです。

つまりニキビ跡を治せると言ったとしても、簡単だから直しやすいって意味ではなく、治りにくいものはここまで徹底的に治療しなければ治らないということ。

そしてニキビ跡が治しやすいからといっても、簡単に治らないということ意識して欲しいです。

さてニキビ跡のケアするものとして具体的に次に見ていこうと思うのですが、まずは赤みがかった形のニキビについてどうすればいいのか見ていきたいと思います。